2022年度理事長 吉田 幸治

現在の日本では、人類にとって戦後最大の脅威となった新型コロナウイルス感染症の影響により、世界規模の社会的危機が巻き起こり、インバウンド需要の消失や外出自粛による個人消費の落ち込みにより国内経済にも深刻な打撃を与え、経済界や各種団体だけでなく個人の日常のあり方にも大きな影響がでました。その影響を受け、ICT 活用が推奨され便利な世の中になってきた半面、人と人が距離をとることで、心と心の距離も離れ、他者が見えにくい社会になりつつあります。

このような国難に見舞われ先の見えない時代だからこそ、「新日本の再建は我々青年の仕事である」と志を掲げ、戦後の荒廃した社会の中で、現状の困難を打開し、日本の新たな可能性を切り開くために始まった青年会議所運動の原点に立ち返り、諸先輩方の精神と同じように心を燃やし、私たちが新しい未来を切り拓いていく必要があるのです。
現在の状況を
悲観するのではなく、絶好の機会と捉え、我々自身がまちの希望となり、変化しつつある社会の良し悪しを見極め、未来を切り拓いていくためにもメンバー同士が支えあい、仲間を称えあうことで大いなる力を発揮し、イノベーションを起こして参りましょう。

現在、私たちが住む西入間は、人口減少・少子高齢化等の影響により地域コミュニティの希薄化など多くの課題を抱えています。このような課題を解決していくために、まずは、まちづくりはそこに住まう人々の主体的行為であるという考えを浸透させていくことが重要です。
まちの課題を自分事と捉え、誰かがやってくれるという考えから、自分たちのまちは自分たちで良くしていこうという意識変革をしていかなくてはなりません。

そこで、青年会議所としての運動の発信が重要になってくると考えます。
青年会議所の目的はまちづくり運動と個人の開発です。個人の開発とは、JC 運動を通じて、自己の訓練をするところにあります。まちづくり運動とは市民の「考える質」を向上させること、つまりその地域は「そこに住んでいる市民の意識」以上には良くならないということです。
青年会議所が常に社会の中で能動的なリーダーとして市民から共感を集め協働し、新しい社会を創造し開発してゆく為には、メンバー自らが一市民としてまちづくり運動の実践の場を通じて個人を開発し、メンバーが青年会議所の志を伝播していくことが必要なのです。

その中で、JCの参加意識は大きく分けると二つのパターンに分けられます。
それは「受動的参加」と「能動的参加」です。
他人から引張られて行動するのではなく、JCと自分との関わり合いについて真剣に考え、明確な目的意識を持つことつまり、「JCを通して自身がどうなりたいか」という考えを明確に持つべきです。
そうでなければJC運動は決して自分のものとはならず、常に自分とは関係のない所を通過して行ってしまいます。

では、現在の西入間青年会議所のメンバーはどうでしょうか。
LOM の現状は会員数の減少や入会3 年未満のメンバーの増加、ベテランメンバーの卒業により、JAYCEE としての経験値が低くなってしまっています。
そして、何のためにJC をやっているのか迷っているメンバーも少なからずいるように感じます。
また、JC 運動、活動に対してどこか他人事として捉えているメンバーもいるのではないでしょうか。

JCには様々な動機で入会すると思います。それはどんな動機でも自由です。
ただ大切なことはJC 運動、活動を意義あるものにしなければならないという自分自身の動機づけです。
それは自分の習慣を打ち破ること。
つまりJC運動に最も必要なことは、自分自身をより良くしていこうという意識です。一人ひとりがJAYCEE としての個を確立し、挑戦し、進化すること。
それこそが私の考える「誰もが幸せを享受できる」明るい豊かな社会へと繋がっていくのです。

2021年度、西入間に住まうすべての人たちが、まちに魅力を感じ、まちを誇れる人であってほしいと、想いを込めて「つなげるまち西入間」の実現を掲げ、新たな10年間の指針として、西入間JC未来ビジョンが策定されました。
我々は、未来ビジョンの実現に向けて、多様な価値観に理解を深め、時代に即した運動をおこなっていくためにも、より効果的な運動を行う必要があるのです。

そこで本年度は、「進取果敢」を掲げ、「地域愛に溢れた能動的なリーダーの育成」をテーマに、まずはメンバーのJC 運動に対する意識変革を行ってまいります。

まちづくり運動を語る団体であるならば、まずはしっかりとメンバー自身が個を確立し、周りにプラスの影響を与える人財でなければならないからです。

そして、能動的な行動をとるために、必要なことは自身で考える力です。
人の意見を鵜吞みにし、言われるがままに、行動するのではなく、周りの意見を取り入れながらも自身の意思を持ち、的確な答えを持って行動に移すことが重要です。

能動的なリーダーを育成するためにまずは、メンバー自身がなぜJC を行っているのか、JC を通してどうなりたいのか改めて考える機会を創出することが必要です。
それは目の前の社業の発展や家族の幸せを考えることでもいいと思います。
どうすればその思いを達成できるか、JC 運動の様々な機会を通して自己成長することでその想いは達成できるはずです。
そしてその想いは必ずもっと広範囲に広がります。
なぜならば、目の前の幸せを願うなら掘り下げて考えればその周りの人々、地域、ひいては日本が幸せでなければ達成できないからです。
だからこそ、まちづくり運動の実践の機会を通して、我々自身の意識を自分の為から、地域愛を前提とした無償の奉仕という誰が為にという意識に変革していくことも必要です。
その中で、メンバーにもっと地域を好きになってもらい、そんな地域の為に運動しているJC を好きになってもらうために、地域をより良くする為の運動をしっかりと発信し、地域愛に溢れた能動的なリーダーとして行動を起こしてまいりましょう。

そんなメンバーが自らの意思で積極的にJC 運動に参画し、まちづくり運動を通して関係諸団体の方々とパートナーシップを結び運動展開することで、我々の志は多くの方々に伝播され、その波紋は大きく広がり、我々の目指す「明るい豊かな社会」が実現するのです。